やみきんは悪か悪でないか?

闇金相談の弁護士・司法書士が出現する時代。現在の社会でやみきんは悪なのか悪でないのか?

私はこう思う。一部のやみきんは本当の悪かも知れないが全部がそう言う訳ではないと思う。やみきんを悪としたのは現在の大手金融機関であり、また政府の間違ったかんがえが原因であり、また総量規制という縛りの為に資金需要者が借りられない状況が起こっている為、仕方なく闇で借りる状況となっていることが一番の原因であるようなきがする。貸金業規制法はほんとに資金需要者を助けたのでしょうか?過払い請求が横暴し腐れ弁護士が私腹を肥やし、正規の金融機関をつぶした為、やみきんと言う裏の会社が増えたのではないか。私の回りにはやみきんからたくさん借りている人間がいるが、必ずしも全てが高金利でもなく、またすごい取り立てに会ってる人もいない。
逆に感謝している人が多く、その理由として銀行に申し込みしても審査ばかりで時間がかかり最終的に断られる。それに比べやみきんの対応は気軽に借りられ利息も銀行と変わらず信用で貸してくれる。わかりますか。

政治家、金融庁のみなさんもう少し消費者に目を向けまた規制を柔らかくし使いやすい金融機関を作ったらどうでしょうか。また、悪徳弁護士また司法書士のバカ共の規制を厳しくし資金需要者の保護に目を向けたらどうでしょうか。過払い訴訟を起こしたはいいがどこにも借りられず困っています。
全てがのやみきんが悪でもないと私は思います。