少数の歯の欠損に対する治療としてはインプラン

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのが大まかなプロセスです。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、持ちろん、イロイロなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヵ月から10ヶ月かかると押さえてください。インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、ちゃんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
麻酔のために入院することはまずありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。基本的にすべて自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額のコストが負担となる方持とってもいるようです。クレジットカード(商品などの購入代金を後払いにできるシステムです)利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローン商品を使える歯医者院が多く、けっこう融通が利きます。
治療開始時にコストをすべて現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があったらあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯医者にすべて話しておきましょう。
最近話題になることも多いインプラント。ですが、便利な反面、制約もあるのでおぼえておきましょう。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でもうけられる所以ではないことです。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。なんらかの持病、たとえば糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療をうけられなかったり、準備に時間がかかることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。毎食後に磨きのこしがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。
インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。